株式会社龍野情報システムの口コミや評判

公開日:2021/10/15   最終更新日:2022/02/04

【詳細】
会社名:株式会社龍野情報システム
住所[兵庫県本社]:〒679-4129 兵庫県たつの市龍野町堂本216-1
TEL:0791-72-8421
営業時間:9:00~18:00
休業日:土・日・祝祭日

株式会社龍野情報システムのeラーニングであるlearningBOXは、使いやすさと低価格にこだわっています。そのため、learningBOXは導入しやすく、誰でも簡単にWEB学習環境を構築できるようです。そこで今回は、龍野情報システムのlearningBOXのプランや機能について紹介します。自社でeラーニングシステムを導入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

無料のプランもある

learningBOXには、全部で4つのプランがあり、その中には無料で使うことができるフリープランもあります。

フリープランは、有料プランであるlearningBOXのEC機能を除くすべての機能を無制限で、10アカウント分無料で使うことができます。そのため、learningBOXを試しに使ってみたい場合や、10人以下で利用したい場合はフリープランがおすすめです。

そのほかにクイズ作成ツールであるQuizGeneratorを利用していて、learningBOXで一般公開問題の管理をしたい場合も向いているといえます。

もし試しにフリープランを利用して、アカウント数を増やしたい、容量を大きくしたいといった場合は、フリープランで構築した教材や登録メンバーなどをそのまま引き継いで有料プランに変更することもできます

フリープランで利用できる機能には、学習する、コンテンツ管理、メンバー管理、成績管理、メッセージボックス、管理機能・設定、多言語対応があるようです。
そのほか、成績管理やEC販売管理機能、メッセージといった機能まで標準装備されているので、何かを追加で購入する必要はなく、すぐにeラーニングを利用できるようになります。

テストや繰り返し学習にも役立つ!

learningBOXの特徴の一つにあるのが、テストや繰り返し学習にも役立つということです。動画やPDF、レポートなど教材のバリエーションが豊富で、練習問題や試験、検定にも対応できます。ここでは、learningBOXのテストや繰り返し学習について紹介します。

わかりやすい学習画面

機能の一つである「学習する」の画面からは、学習する教材や学習の進捗状況が一目でわかるように「合格」「不合格」「未」で表示されています。学習する教材は、グループごとに学習する教材だけを表示したり、学習する順に教材を表示したりできるので、利用者は悩むことなく順番に学習できるでしょう。

問題画面は解答しやすく、〇か×を選択するだけなどの問題もあるうえ、問題形式ごとにデザインされた画面は、初めてでも誰でも簡単に操作できます。教材間移動機能もついているため、教材間の移動は教材の一覧ページに戻ることなく、スムーズにボタン一つで移動できます。

教材に細かな設定を付けられる

学習制御機能を使うと「この教材を見た人のみ次の演習問題に進める」といった制限をかけることができるコース設計があります。これによって「教材」→「練習問題」→「テスト」といった順で学習を行うように設定できるので、学習の習熟度の向上につなげることができます。教材を個人個人に割り当てたり、各種コースにタイトルをつけて区切りをつけることも可能なので、どの教材を使うとよいかなども迷う必要がなくなります。

習熟度が上がる学習法

「学習する」の機能には、ノーマルモードとマスターモードがあり、ノーマルモードではテストや試験に適した問題が作成できるようです。マスターモードで作成されたWEBクイズ/WEBテストは、利用者が一度解答して間違った問題を優先して出題するので、繰り返し学習に役立ちます。

まず、WEBページやPDF、動画などで学習してから、マスターモードで練習問題を繰り返し学習し、ノーマルモードで確認のテストを行うなどすることで、学習の習熟度を上げることができます。

もう一度学習したい教材や気に入った教材は、いいね!をすることでお気に入り登録ができる便利な機能もあるようです。お気に入り登録すると、登録した教材がすべて画面表示されるので、すぐに確認し利用できます。

また、learningBOXパソコン以外に、スマートフォンやタブレットにも対応しているので、スキマ時間を利用していつでもどこでも学習できます。

機能が豊富

learningBOXに標準装備されている機能は豊富で、教材のコース設定や利用者のグループ管理、グループごとに教材を配布する機能など、学習に合わせた設定ができるようです。

たとえば、コンテンツ管理ではWEB上のフォームからさまざまなバリエーションの問題や教材が簡単に作成できます。それにより、教材の使用目的やメンバーのレベルに合わせた学習コースの設定をすることが可能です。

WEBクイズ/WEBテストの出題形式には、択一問題や〇×問題、穴埋め問題など、13種類の出題形式を組み合わせて練習問題やテストを作成できます。動画教材やPDF教材などのマルチメディアも、問題文や選択肢、解説に利用できます。

また、学習制御機能を使うと、表示されている教材を学習した人だけが次の練習問題に進めるといった制限をかけることもできるようです。そのため、指定された教材で学習してから練習問題を解答し、テストを受けるといった学習コースを作成できます。テスト合格者には認定証を発行するなどもこの機能で設定できるようです。

 

この記事では、龍野情報システムのeラーニングであるlearningBOXについて解説しました。learningBOXには無料で利用できるフリープランがあり、有料プランのほとんどの機能を無制限で利用できるので、試しに使ってみたい方におすすめです。

learningBOXはテストや繰り返し学習にも役立つので、学習の習熟度が上がるでしょう。また、機能が豊富で教材のコース設定や利用者のグループ管理、グループごとに合わせた設定をすることもできます。少しでもlearningBOXが気になった方は、公式ホームページをチェックしてみてはいかがでしょうか?

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

インターネット上で動画を視聴しながら学習するツールをeラーニングといい、近年さまざまな企業で用いられています。しかしeラーニングは主に自発的な学習となるため、導入しただけで運用方法を追求しな

続きを読む

リモートで仕事や学習をする機会が増えた現代では、eラーニングを導入する企業・学校が増えてきています。せっかく導入するのであれば、自社で作成したオリジナルの教材を導入したい企業や学校も多いので

続きを読む

コロナ禍でリモートワークやリモート学習が普及され、いつでも・どこでも受講可能なeラーニングの導入を考えている企業・学校も多いのではないでしょうか。教材の導入にかかる手間やコスト、機能設定の最

続きを読む

昨今のコロナウイルスの影響により、リモートワークやリモート授業などが全国的に普及しています。さらに、eラーニングを導入している企業や学校も増えつつあります。そこで、今回はインターネットがあれ

続きを読む

eラーニング教材はリモートワークやリモート授業などの普及により、近年注目を集めています。しかし、教材をプロの業者に依頼すると高額な費用がかかることも珍しくありません。そこで、今回は動画教材を

続きを読む

近年、リモートワークなどの普及にともない、eラーニングシステムが注目を集めています。高校や大学でもeラーニングシステムが活用されており、今後もますます需要が高くなることでしょう。そこで今回は

続きを読む

近年多くの企業で取り入れられている「eラーニングシステム」。新型コロナウイルスの影響で、さらにeラーニングシステムを使ったオンライン研修を行う企業が増えています。そんな中、これからeラーニン

続きを読む

eラーニングとは、パソコンやスマートフォンを使い、場所や時間を選ばずインターネット上で学ぶことのできるシステムのことです。こちらの記事では、eラーニングシステムの仕組み、メリットとデメリット

続きを読む

近年の急激なIT技術の発展にともない、eラーニングシステムを利用した研修スタイルが一般的になってきました。実際にeラーニングの研修と、対面による従来型の集合研修にはどのような違いがあるのでし

続きを読む

スマートフォンやタブレットなど身近なデバイスを使い、時間や場所を選ばず学ぶことができるeラーニングシステムには、さまざまな活用シーンがあります。ここでは意外と知られていないeラーニングの便利

続きを読む