意外と知らない便利な活用術も?eラーニングシステムの活用シーン!

公開日:2021/12/09  

スマートフォンやタブレットなど身近なデバイスを使い、時間や場所を選ばず学ぶことができるeラーニングシステムには、さまざまな活用シーンがあります。ここでは意外と知られていないeラーニングの便利な活用シーン、システムを導入までの流れやシステムを選ぶ際に意識すべき点について紹介します。

eラーニングシステムの活用シーン

eラーニングは、コンプライアンス教育といった全社員必須の研修を実施する際に活用されるケースが増えているようです。近年、パワハラやセクハラ、情報セキュリティ、インサイダー、LGBT、個人情報保護、メンタルヘルス、労務管理など、企業が行うべきコンプライアンス関連の教育テーマが増えていることも背景にあります。

とくに従業員数が多い企業や拠点の多い企業では、全社員向けに研修とテストを実施するのが難しいため、eラーニングが重宝されています。eラーニングには従業員の受講状況やテスト結果を確認したり、データとして蓄積したりできるLMSというシステムが内包されているため、管理者は簡単に研修の進捗を管理できるようです。

コンプライアンス系の研修はベンダー側で教材を提供していることも多く、集合研修で必要だった研修内容の作成や印刷、研修場所や講師の手配、講師と受講者のスケジュール調整、未受講者の把握と受講催促といった手間をまるごと省くことができます。

eラーニングは新入社員への研修にも適しています。新入社員向けの研修内容は、基本的に同じ内容であることがほとんどです。eラーニングは自分のペースで受講を進められるのが特徴で、一度で充分に理解できなかった場合は繰り返し受講できます。新人研修のような内容の場合は、eラーニングシステムのほうが理解度を高めるために効果的といえます。

eラーニングシステムにはテストやアンケートの機能もあるようです。この機能は、研修の理解度を確認する以外に単体で利用することもできます。実施の指示も簡単で、集計も自動で行われるため、社内アンケートを実施する際に活用できます。

eラーニングシステムは社内だけでなく社外への教育シーンでも活用できるようです。たとえば代理店や業務委託先に新商品の共有を行う際など、協力会社が多い企業ほどeラーニングシステムを有効に活用できます。

eラーニングシステム導入までの流れを確認しよう!

eラーニングシステムを導入する際、最初に行うのはシステムを提供するベンダーの選定です。自社にサーバーを設置して運用するオンプロミス型と、ベンダー側でサーバーを用意しているクラウド型どちらがいいのか。ベンダーによってオプションや教材コンテンツ、費用も異なります。

自社がeラーニングの導入によって解決したい課題は何なのか、eラーニングシステムを利用する対象者は誰なのか、対象者の人数はどの程度か、求めるセキュリティレベルはどの程度か、といったことを明確にしておくことが、自社に最適なシステムを選ぶことにつながります。

ベンダーを決定し、契約を取り交わしたら運用の準備に入るようです。オンプロミス型の場合はサーバーを設置してシステムを構築します。オリジナルシステムを作る場合は、ここで数か月の期間を要します。

システムを利用する準備ができたら、受講する従業員をユーザーとして登録し、教材コンテンツを取り込み実際のフローを想定したテスト利用を行うようです。システムの挙動や教材のチェックなどを行い、問題ないことが確認できたら運用スタートです。

クラウド型の場合は契約から運用開始まで1か月~3か月程度、オンプロミス型の場合は3か月以上を見込んでおくとよいでしょう。

eラーニングシステムを選ぶ際に意識するべき点

eラーニングシステムを選ぶ際は、導入目的を明確にしておくことが最も重要です。システム導入によって達成したい目標がなにかをはっきりさせておくことで、自社にとって最適なシステムを選ぶことができます。

また、eラーニングシステムは万能ではないことも覚えておきましょう。eラーニングはほとんどの座学をカバーできる一方、実技研修には向かないことも多く、その場での質疑応答ができない、研修参加者同士のコミュニケーションが生まれないという側面もあります。自分で学習を進められる一方、モチベーションの維持が難しいという特徴もあるようです。

これまでの集合研修をeラーニングに置き換える場合は、eラーニングのデメリットをフォローする仕組みや施策をセットで準備しておくことで、システム導入の効果を高めることができます。

対面研修とeラーニングを組み合わせて教育を行うことを「ブレンディング」と呼びます。紹介した活用シーンも参考に、eラーニングをどのように利用するか考えてみてください。

 

eラーニングは効果的に利用することで、教育コストを下げつつ教育の質とエンゲージメントを高めることができます。自社でどのようにeラーニングを活用するかイメージしてベンダーの選定、導入を進めましょう。導入には数か月の時間を要するので、導入時期から逆算して準備をはじめましょう。こちらで紹介した内容も参考に、eラーニングシステムの導入を成功に導いてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

インターネット上で動画を視聴しながら学習するツールをeラーニングといい、近年さまざまな企業で用いられています。しかしeラーニングは主に自発的な学習となるため、導入しただけで運用方法を追求しな

続きを読む

リモートで仕事や学習をする機会が増えた現代では、eラーニングを導入する企業・学校が増えてきています。せっかく導入するのであれば、自社で作成したオリジナルの教材を導入したい企業や学校も多いので

続きを読む

コロナ禍でリモートワークやリモート学習が普及され、いつでも・どこでも受講可能なeラーニングの導入を考えている企業・学校も多いのではないでしょうか。教材の導入にかかる手間やコスト、機能設定の最

続きを読む

昨今のコロナウイルスの影響により、リモートワークやリモート授業などが全国的に普及しています。さらに、eラーニングを導入している企業や学校も増えつつあります。そこで、今回はインターネットがあれ

続きを読む

eラーニング教材はリモートワークやリモート授業などの普及により、近年注目を集めています。しかし、教材をプロの業者に依頼すると高額な費用がかかることも珍しくありません。そこで、今回は動画教材を

続きを読む

近年、リモートワークなどの普及にともない、eラーニングシステムが注目を集めています。高校や大学でもeラーニングシステムが活用されており、今後もますます需要が高くなることでしょう。そこで今回は

続きを読む

近年多くの企業で取り入れられている「eラーニングシステム」。新型コロナウイルスの影響で、さらにeラーニングシステムを使ったオンライン研修を行う企業が増えています。そんな中、これからeラーニン

続きを読む

eラーニングとは、パソコンやスマートフォンを使い、場所や時間を選ばずインターネット上で学ぶことのできるシステムのことです。こちらの記事では、eラーニングシステムの仕組み、メリットとデメリット

続きを読む

近年の急激なIT技術の発展にともない、eラーニングシステムを利用した研修スタイルが一般的になってきました。実際にeラーニングの研修と、対面による従来型の集合研修にはどのような違いがあるのでし

続きを読む

スマートフォンやタブレットなど身近なデバイスを使い、時間や場所を選ばず学ぶことができるeラーニングシステムには、さまざまな活用シーンがあります。ここでは意外と知られていないeラーニングの便利

続きを読む