eラーニングシステムの教材を自作したい!作成時のポイントとは

公開日:2022/03/15   最終更新日:2022/04/12


近年、リモートワークなどの普及にともない、eラーニングシステムが注目を集めています。高校や大学でもeラーニングシステムが活用されており、今後もますます需要が高くなることでしょう。そこで今回は、eラーニングシステム教材の自作方法や作成時のポイントについて紹介していきます。

eラーニングの教材を作成する方法

eラーニングの教材を作成する方法は、主に3つあります。こちらでは、eラーニング教材の作成方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

専門業者に作成を依頼する

プロの専門業者に依頼すれば費用はかかるものの、手間をかけずに教材を作成できます。さらに、クオリティも保証されているので質の高い教材を作れるでしょう。実際、eラーニングシステムの教材のほとんどがプロの専門業者によって作られています。ただし、費用がかかるため予算や用途に合わせて判断しなければなりません。

■eラーニング教材作成ソフトを活用する

最近はeラーニング教材作成ソフトを活用するケースが増えています。教材作成ソフトを使えば、専門的な知識を持っていなくても自分で教材の作成が可能です。ただ、作成に時間がかかってしまうこともあるため、作成者の負担が増えてしまうこともあるでしょう。また、教材作成ソフトの使用料がかかることもあるため、予算と照らし合わせて使用するかどうかを決めることをおすすめします。

自社開発で作成する

eラーニング教材を、自社開発で作成する方法もあります。プロの専門業者に依頼したり、教材作成ソフトを活用したりする場合は費用がかかってしまうため、予算の都合上難しい場合もあるでしょう。しかし、自社開発であれば費用をかけずにeラーニング教材を作れます。ただし、作成者のスキルによってクオリティにばらつきが出てしまうため、ある程度知識がある人が担当したほうがよいでしょう。

eラーニングの教材の作り方

eラーニング教材を作る場合は、まず「なぜ、教材が必要なのか」「誰が使用するのか」「何を目標にするのか」などをしっかりと分析する必要があります。さらに、パソコンやタブレット、スマートフォンなどどのような媒体を使用するかも考えなければなりません。そして、丁寧に分析した後は設計作業を進めていきます。どのような教材を作るのか、何が必要なのかを十分に検討した上で、仕様書を作成しましょう。

特に教材の設計者と作成者が異なる場合はわかりやすい仕様書を作っておかなければ、誤解が生じてしまい質の高い教材に仕上がらない可能性があります。そのため、誰でもわかるような仕様書づくりが大切です。

そして、仕様書をもとに教材を作成していくのですが、作成環境によって作り方が異なります。たとえば、PowerPointExcelなどを使用するのか、独自開発のシステムを使用するのか、または動画編集ソフトを使用するのかなど、どのようなシステムやソフトを使用して作成するかによって作り方を変えなければなりません。

その後、完成した教材を使用し、検証作業を進めていきます。実際に学習者にeラーニングを受講してもらい、アンケートを取るのもよいでしょう。どのようなところがよかったのか、どのようなところが使いにくかったのかなど、実際の声を聞いて修正に活かすのが大切です。

eラーニングの教材を自作するときのポイント

eラーニング教材を自作するときは、できるだけわかりやすい教材に仕上げることがポイントです。eラーニングというのは対面ではなく、動画や写真などを用いた学習ツール。そのため、受講者は適宜質問などができないため、可能な限りわかりやすく作る必要があります。動画や写真のほかに音声やコメントなどを入れて、わかりやすさを重視することを心がけましょう。

そのほか、アップデートのしやすさも重要なポイントです。一度作った教材を何年も使いまわすことができるのであれば問題ありませんが、年ごとにデータを変えたり、内容を変えたかったりする場合は、アップデートしやすいように教材を作ることも考慮してなくてはなりません。たとえば、あとで数値やデータを差し替えられるようにしておいたり、担当者が変わってもわかるようにマニュアルを作ったりなどもしておいたほうがよいでしょう。

eラーニングを成功させるには

e-ラーニングを成功させるには、受講者のモチベーションが上がるように工夫しなければなりません。というのも、eラーニングは動画や写真などを見ているだけなので、どうしても単調になりがちです。そのため、自学自習が得意でない受講者にとっては非常に苦痛といえるでしょう。

そのため、モチベーションがあげるために楽しいコンテンツを盛り込むことが大切です。そのほか、小テスト機能を付けたり、定期的にアンケートを実施したりするなど、できるだけ受講者によって楽しい教材になることを目的にしましょう。

 

リモートワークやリモート授業の普及により、eラーニング教材の需要が高まっています。eラーニング教材にはプロの専門業者に作成を依頼したり、専用ソフトを活用したり、さらに自社で開発したりするなど、さまざまな制作方法があります。そのため、予算や用途に合わせて制作方法を決めることが大切です。また、受講者のモチベーションが上がるような楽しいコンテンツを含めることがポイントといえるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

インターネット上で動画を視聴しながら学習するツールをeラーニングといい、近年さまざまな企業で用いられています。しかしeラーニングは主に自発的な学習となるため、導入しただけで運用方法を追求しな

続きを読む

リモートで仕事や学習をする機会が増えた現代では、eラーニングを導入する企業・学校が増えてきています。せっかく導入するのであれば、自社で作成したオリジナルの教材を導入したい企業や学校も多いので

続きを読む

コロナ禍でリモートワークやリモート学習が普及され、いつでも・どこでも受講可能なeラーニングの導入を考えている企業・学校も多いのではないでしょうか。教材の導入にかかる手間やコスト、機能設定の最

続きを読む

昨今のコロナウイルスの影響により、リモートワークやリモート授業などが全国的に普及しています。さらに、eラーニングを導入している企業や学校も増えつつあります。そこで、今回はインターネットがあれ

続きを読む

eラーニング教材はリモートワークやリモート授業などの普及により、近年注目を集めています。しかし、教材をプロの業者に依頼すると高額な費用がかかることも珍しくありません。そこで、今回は動画教材を

続きを読む

近年、リモートワークなどの普及にともない、eラーニングシステムが注目を集めています。高校や大学でもeラーニングシステムが活用されており、今後もますます需要が高くなることでしょう。そこで今回は

続きを読む

近年多くの企業で取り入れられている「eラーニングシステム」。新型コロナウイルスの影響で、さらにeラーニングシステムを使ったオンライン研修を行う企業が増えています。そんな中、これからeラーニン

続きを読む

eラーニングとは、パソコンやスマートフォンを使い、場所や時間を選ばずインターネット上で学ぶことのできるシステムのことです。こちらの記事では、eラーニングシステムの仕組み、メリットとデメリット

続きを読む

近年の急激なIT技術の発展にともない、eラーニングシステムを利用した研修スタイルが一般的になってきました。実際にeラーニングの研修と、対面による従来型の集合研修にはどのような違いがあるのでし

続きを読む

スマートフォンやタブレットなど身近なデバイスを使い、時間や場所を選ばず学ぶことができるeラーニングシステムには、さまざまな活用シーンがあります。ここでは意外と知られていないeラーニングの便利

続きを読む