eラーニングシステムの導入時によくある失敗事例について知っておこう!

公開日:2021/12/09  

インターネットを介して学習ができるeラーニングシステム。大学や学習塾、企業の研修などにも導入されています。eラーニングシステムはいつでもどこでも自分のペースで学習できるシステムですが、実は導入時に失敗してしまうこともあるのです。ここでは、eラーニングシステム導入時の失敗事例と、成功に導く方法を紹介します。

eラーニングシステムの導入時によくある失敗事例

受講者が効率よく講義を受けられるように導入されたeラーニングシステムも、思わぬ方向で失敗してしまうケースがあります。具体的な事例を見ていきましょう。

思った以上に受講率が低い

企業の場合、対面で研修を実施するとなると、どうしても通常業務と重なって研修に参加できない社員が出てきます。しかしeラーニングシステムは、いつでもどこでも講義を受けられるため、社員のペースで研修を進めることが可能です。

そのため、企業側はeラーニングシステムを導入することで、すべての社員が研修を受けられると考えたはずです。しかし現実では、思った以上に受講率が低くなってしまいました。

これは一体なぜか。それは、いつでもどこでも受講できるeラーニングだからこそ、「今日は忙しいからまた今度やろう」と、受講を後回しにしてしまうからです。

教材コンテンツの準備が間に合わない

eラーニングシステムで使用する教材コンテンツの作成は、かなりの労力を使います。しかし企業側がコンテンツの準備期間を考えず、eラーニングシステムの機能面ばかりを見て導入してしまった場合、教材コンテンツの準備が間に合わないという問題が起こります。

想定以上のコストが発生した

eラーニングシステムの導入は、比較的低コストでできるようです。しかしeラーニング導入にかかるコストは、初期費用だけではありません。コンテンツの追加やアップデートをする際は、その都度費用がかかってしまいます。また、社員の数によってはサーバーの容量を増やさなければならず、それにも費用がかかるのです。

eラーニング導入時だけでなく、その後どのくらいの費用がかかるのか事前にしっかりと確認しておかないと、想定外のコストが発生することになってしまいます。

eラーニングシステムの導入を成功に導くためには?

eラーニングシステム導入による失敗事例を紹介しましたが、これから導入する企業は、できれば失敗は避けたいですよね。そこでここからは、eラーニングシステムの導入を成功に導く方法を紹介します。

受講者が飽きないコンテンツを作る

eラーニングシステムでの受講率を下げないためには、受講者が飽きないコンテンツを作ることが大切です。わかりやすいだけでなく、面白くて飽きないコンテンツを作りましょう。

テストやフィードバックを行う

eラーニングシステムでの学習は、受講者が一人で行います。そのため、「やりっぱなし」になってしまうことがあるのです。学習をやりっぱなしでは、eラーニングシステムを導入しても意味がありません。

そこでeラーニングシステム上でテストを実施したり、テスト結果のフィードバックを行ったりしてみましょう。そうすることで、eラーニングシステムの学習での自分の成果が目に見えてわかるため、モチベーションアップにつながります。

必要コンテンツは社外のプロに依頼する

eラーニングシステムで使用する教材コンテンツの準備は、とても時間がかかります。なおかつ受講者が飽きない面白いコンテンツを作るとなると、かなりの知識とレベルが必要です。そこで、必要なコンテンツは思い切って社外のプロに依頼しましょう。

社外のプロに依頼する場合、内容によって4万~60万円ほどの費用がかかります。しかし、コンテンツ作成の時間が省ける分、eラーニングシステムをより使いやすいよう機能面を見直すことができるので、結果的に質のよいeラーニングシステムを効率よく準備できるのです。

導入後にかかるコストを事前に把握する

先ほどお伝えしたように、eラーニングシステムは、導入後に想定外のコストがかかることがあります。導入後のコストで頭を悩ませないよう、事前にどのくらいのコストがかかるのか把握しておきましょう。

eラーニングシステムを導入する利点

ここまで、eラーニングシステムの失敗例と成功へ導く方法を紹介してきましたが、そもそもeラーニングシステムは、導入することでどのような利点があるのでしょうか?ここからは、eラーニングシステムの導入をするメリットを紹介します。

受講者を会場に集めなくても講義が行える

eラーニングシステム最大の利点が、受講者はいつでもどこでも講義を受けられるということです。そのため、日程を調整して、受講者を一つの会場に集めることはしなくて済みます。

コストが削減できる

eラーニングシステムの導入にはコストがかかりますが、講義を対面で行う場合もコストがかかります。教材の印刷代、会場代、受講者の交通費などです。受講者の人数、会場の場所によって大きく変動しますが、eラーニングシステムを導入すれば、これらのコストは削減できます。

受講者の学習履歴や進捗状況を管理できる

eラーニングシステムでは、受講者の学習履歴を管理できます。とくに、社員の人数が多い企業の場合、紙ベースや手入力で社員の学習進捗を管理するのは非常に難しいでしょう。そこでeラーニングシステムなら、システム上で管理され、閲覧したいときに見られるので、講師側も受講者側も、学習履歴や進捗状況を把握することが可能です。

 

eラーニングシステム導入の失敗事例と成功するための方法を紹介しました。eラーニングシステムは、企業を初めさまざまな分野の学習スタイルとして導入されています。しかし、事前にeラーニングシステムのことをきちんと理解し、自社に合ったコンテンツを用意しないと、導入が失敗へとつながってしまうこともあるのです。eラーニングシステムの導入が企業にとっての成功になるよう、メリットもデメリットも理解して、事前準備をしっかり行いましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

インターネット上で動画を視聴しながら学習するツールをeラーニングといい、近年さまざまな企業で用いられています。しかしeラーニングは主に自発的な学習となるため、導入しただけで運用方法を追求しな

続きを読む

リモートで仕事や学習をする機会が増えた現代では、eラーニングを導入する企業・学校が増えてきています。せっかく導入するのであれば、自社で作成したオリジナルの教材を導入したい企業や学校も多いので

続きを読む

コロナ禍でリモートワークやリモート学習が普及され、いつでも・どこでも受講可能なeラーニングの導入を考えている企業・学校も多いのではないでしょうか。教材の導入にかかる手間やコスト、機能設定の最

続きを読む

昨今のコロナウイルスの影響により、リモートワークやリモート授業などが全国的に普及しています。さらに、eラーニングを導入している企業や学校も増えつつあります。そこで、今回はインターネットがあれ

続きを読む

eラーニング教材はリモートワークやリモート授業などの普及により、近年注目を集めています。しかし、教材をプロの業者に依頼すると高額な費用がかかることも珍しくありません。そこで、今回は動画教材を

続きを読む

近年、リモートワークなどの普及にともない、eラーニングシステムが注目を集めています。高校や大学でもeラーニングシステムが活用されており、今後もますます需要が高くなることでしょう。そこで今回は

続きを読む

近年多くの企業で取り入れられている「eラーニングシステム」。新型コロナウイルスの影響で、さらにeラーニングシステムを使ったオンライン研修を行う企業が増えています。そんな中、これからeラーニン

続きを読む

eラーニングとは、パソコンやスマートフォンを使い、場所や時間を選ばずインターネット上で学ぶことのできるシステムのことです。こちらの記事では、eラーニングシステムの仕組み、メリットとデメリット

続きを読む

近年の急激なIT技術の発展にともない、eラーニングシステムを利用した研修スタイルが一般的になってきました。実際にeラーニングの研修と、対面による従来型の集合研修にはどのような違いがあるのでし

続きを読む

スマートフォンやタブレットなど身近なデバイスを使い、時間や場所を選ばず学ぶことができるeラーニングシステムには、さまざまな活用シーンがあります。ここでは意外と知られていないeラーニングの便利

続きを読む