eラーニングシステムを用いて企業研修を行うメリット・デメリットとは!

公開日:2021/12/09  

近年、企業や大学、学習塾などで多く取り入れられている「eラーニング」。しかし、eラーニングの存在は知っているけど導入メリットがわからないという方も多いでしょう。そこで今回は、eラーニングを使って企業研修を行うメリットとデメリットについて紹介します。

eラーニングシステムで学べるスキル

そもそもeラーニングシステムとは、一体どのようなものなのでしょうか?eラーニングシステムは、インターネットを介した学習形態の一つです。インターネット上で進めるので、オンライン動画と合わせて学習を進めることが可能です。

また、学習履歴が残り、後から閲覧することが可能なので、自分の学習が今どのくらい進んでいるのかも把握しやすくなります。そして、オンラインで行うため、送料や交通費がかからないのもポイントです。

そんなeラーニングシステムを利用して、さまざまなスキルを学ぶことができます。いろいろな資格試験や、Word、Excel、PowerPointなどのOfficeソフトの学習、マネジメント、ビジネススキル、コンプライアンス、情報セキュリティなどを学べるのです。

仕事などで忙しくて勉強する時間がないと諦めていた方も、eラーニングシステムを利用すれば、仕事の合間などで学びたいスキルを学ぶことができます。

eラーニングシステムを用いて企業研修を行うメリット

eラーニングシステムは、多くの企業で研修の際に使われています。ここからは、eラーニングシステムを企業研修に使うメリットについて見ていきましょう。

いつでもどこでも学習できる

eラーニングシステムは、オンラインで学習できるため、時間や場所を選びません。自宅はもちろん、外出先でも学習できます。自分のペースで行えるので、普段の業務をこなしながら研修を進めることができるのです。

低コストで企業研修ができる

対面の研修の場合、研修会場を抑え、受講者に配布する教材を印刷しなければなりません。そのため、多くの印刷費や会場代がかかります。さらに、受講者の交通費も負担するため、多くのコストがかかるのです。

しかしeラーニングシステムなら、受講者がどこにいてもインターネットを介して研修を受けることができます。そのため、印刷費、会場代、交通費がかからず、低コストで企業研修を行うことができるのです。

また、全国規模の企業の場合、エリア別で研修を行っていたという企業も多いでしょう。eラーニングシステムを利用した研修なら全国どこからでも研修を受けることができるので、研修を行う回数も1回で済むのです。

研修内容の進捗状況やフィードバックを講師が管理できる

先ほど、eラーニングシステムの特徴として学習履歴を閲覧できることをお伝えしました。さらにeラーニングシステムの中には、講師側が受講者の進捗状況を閲覧できるものもあります。さらにフィードバックも管理できます。

今まで社員の学習管理を手入力や紙ベースで行っていたという企業の場合、eラーニングシステムを導入することで一気に管理が楽になるでしょう。

eラーニングシステムを用いて企業研修を行うデメリット

eラーニングシステムには、メリットだけでなくデメリットもあります。

モチベーションの維持が難しい

eラーニングシステムでの学習は、自分のペースで進めることができる分、先延ばしにすることもできてしまいます。

「今日は疲れているからまた今度でいいや」と先延ばしにしてしまい、学習を進められなくなってしまうのです。そして、eラーニングシステムでの学習は基本的に一人で行うため、モチベーションの維持が難しくなります。

講師と受講者のコミュニケーションが取りにくい

eラーニングシステムで講義をする場合、講師と受講者のコミュニケーションが取りにくいというデメリットが発生します。対面で行う講義の場合は、受講者側も質問がしやすく、講師もすぐに答えることができるようです。しかしeラーニングシステムの場合は、受講者がわからないところがあってもすぐに質問しづらいのです。

質問できないまま講義が進み、講師も受講者が行き詰まっていることに気づかないままになってしまいます。コミュニケーションが取れないというのは、大きなデメリットのため、これを解消するためにチャット機能がついたeラーニングシステムも増えてきています。

eラーニング教材を制作する手間がかかる

eラーニングシステムで企業研修を行う場合、eラーニング教材を制作しなければなりません。教材制作のノウハウを持っていれば問題ないですが、素人が1から会社の研修教材を制作するのは難しいです。

教材制作のノウハウを持った人がいない場合は、eラーニングの専門事業者に依頼して教材を制作してもらうのがおすすめです。多少コストはかかっても、1から自分たちで制作するより断然手間が省けます。

 

eラーニングシステムを用いて企業研修を行う際のメリットとデメリットを紹介しました。オンラインで研修を行う企業が増えた近年、eラーニングシステムを導入するところは非常に多いです。これからeラーニングシステムの導入を検討している方は、メリットだけでなくデメリットもよく理解した上で、自社に合ったeラーニングシステムを導入してください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

インターネット上で動画を視聴しながら学習するツールをeラーニングといい、近年さまざまな企業で用いられています。しかしeラーニングは主に自発的な学習となるため、導入しただけで運用方法を追求しな

続きを読む

リモートで仕事や学習をする機会が増えた現代では、eラーニングを導入する企業・学校が増えてきています。せっかく導入するのであれば、自社で作成したオリジナルの教材を導入したい企業や学校も多いので

続きを読む

コロナ禍でリモートワークやリモート学習が普及され、いつでも・どこでも受講可能なeラーニングの導入を考えている企業・学校も多いのではないでしょうか。教材の導入にかかる手間やコスト、機能設定の最

続きを読む

昨今のコロナウイルスの影響により、リモートワークやリモート授業などが全国的に普及しています。さらに、eラーニングを導入している企業や学校も増えつつあります。そこで、今回はインターネットがあれ

続きを読む

eラーニング教材はリモートワークやリモート授業などの普及により、近年注目を集めています。しかし、教材をプロの業者に依頼すると高額な費用がかかることも珍しくありません。そこで、今回は動画教材を

続きを読む

近年、リモートワークなどの普及にともない、eラーニングシステムが注目を集めています。高校や大学でもeラーニングシステムが活用されており、今後もますます需要が高くなることでしょう。そこで今回は

続きを読む

近年多くの企業で取り入れられている「eラーニングシステム」。新型コロナウイルスの影響で、さらにeラーニングシステムを使ったオンライン研修を行う企業が増えています。そんな中、これからeラーニン

続きを読む

eラーニングとは、パソコンやスマートフォンを使い、場所や時間を選ばずインターネット上で学ぶことのできるシステムのことです。こちらの記事では、eラーニングシステムの仕組み、メリットとデメリット

続きを読む

近年の急激なIT技術の発展にともない、eラーニングシステムを利用した研修スタイルが一般的になってきました。実際にeラーニングの研修と、対面による従来型の集合研修にはどのような違いがあるのでし

続きを読む

スマートフォンやタブレットなど身近なデバイスを使い、時間や場所を選ばず学ぶことができるeラーニングシステムには、さまざまな活用シーンがあります。ここでは意外と知られていないeラーニングの便利

続きを読む