ASP型のeラーニングシステムとは?導入するメリットを考えよう!

公開日:2021/12/09  

eラーニングとは、インターネットを活用して学ぶ学習形態のことで、インターネット環境とモバイル端末があれば場所を問わず効率的に学習できるのが特徴です。そんなeラーニングシステムを導入する方法にはいくつか種類があります。今回は、その中でも比較的簡単に導入できるASP型のeラーニングシステムについて紹介します。

ASP型のeラーニングシステムとは?

eラーニングシステムを利用するには、教材や受講者の管理を行うプラットフォームが必要です。方法としては、ASP型、パッケージ型、自社構築型、オープンソース型の4つがあります。

その中でもASPとは、ApplicationServiceProvider(アプリケーション・サービス・プロバイダー)の略で、ハードウェアやソフトウェアを含むアプリケーションを提供する事業者のことです。ASPを利用すれば、自社にサーバーを構築したりソフトをインストールしたりする必要がなく、ンターネット環境がある場所であれば、どこからでもシステムを利用できるのが特徴です。

つまり、ASP型のeラーニングシステムを利用すれば、受講者情報の管理、受講者の学習状況の管理などを行う「学習管理システム(LMS/LearningManagementSystem)」がクラウド上に構築されているため、自社でシステムを準備する必要がありません。比較的簡単にシステムを用意できるのが特徴です。

学習管理システムの他に必要となるのが、受講者が利用するコンテンツです。ASPサービスの中には、動画やファイルをアップロードできるコンテンツ登録機能や、教材作成ツールが搭載されているものがあります。学習管理システムに特化したサービスだと、教材の登録や作成にはオプション料金が必要になる場合もあるので注意しましょう。

ASP型のeラーニングシステムを導入するメリット

それでは、ASP型のeラーニングシステムを導入するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、3つのメリットを紹介します。

費用を抑えられる

ASP型を利用すれば、他の導入方法と比べてコストを抑えて導入できます。まず初期費用について、ライセンス購入費用やサーバー構築費用は不要です。次にランニング費用ですが、システムのメンテナンスは事業者側が対応してくれるため、メンテナンス費用も不要です。

必要なのはシステム利用料金のみで、多くの事業者で月額定額制となっています。なるべく費用を抑えてシステムを導入したい方におすすめです。

スムーズに導入できる

ASP型では、必要な機能はクラウド上に用意されているので、自社でシステムを準備したりソフトウェアの開発をしたりといった準備が必要ありません。契約後にすぐシステムを利用できるので、システムの構築や開発にかかる時間を短縮できます。

また一般的に、システムの構築や管理には、ITに関する専門知識が必要です。しかし、ASP型ではサーバーの用意や面倒な準備がいらずスムーズに導入でき、さらにメンテナンスやトラブル対応といった保守に至るまで、特別な知識なく利用できるのです。

受講者数に合わせて利用できる

ASP型のeラーニングシステムの料金体系としては、受講者人数によって変動する月額料金制がとられている場合が多いです。そのため、利用人数の変動に合わせてプランを変えられるのがメリットといえます。また事業者によっては、利用人数が月ごとに変動する場合におすすめな従量課金制を設けていることもあります。

自社構築型だと、人数に応じたシステムの拡張やカスタマイズが必要となりますが、ASP型では必要ありません。時期によって利用者数が大きく変動する場合でも、柔軟に対応できるのです。

ASP型のeラーニングシステムを選ぶ際に確認するべきポイント

それでは、ASP型のサービスを選ぶ際は何に注目すればいいのでしょうか。確認すべきポイントや注意点を紹介します。

必要な機能があるか

ASP型のeラーニングシステムは、導入が簡単なのがメリットな反面、自社独自の仕様にカスタマイズはしにくいという特徴があります。そのため、ASPサービスを選ぶ際には、目的に合った機能やサービスが実装可能かどうかに注目する必要があるでしょう。

たとえば、教材やテスト、アンケートの作成機能の有無や、教材のレンタルや作成依頼ができるかなど事業者によってサービス内容はさまざまです。デザインや使いやすさも重要で、場合によっては多言語対応しているものが必要になることもあるでしょう。事前にどんな機能が必要か、確認しておきましょう。

費用がどれだけかかるか

サービスによって、基本の月額料金で使える機能には違いがあります。思った以上にオプション料金がかかり、結果的にランニングコストが高くなってしまうということも考えられます。月額料金だけで比較するのではなく、必要な機能を実装したときに、別途料金がどれだけ必要になるのかを確認しておくとよいでしょう。

 

今回は、ASP型のeラーニングシステムの特徴について紹介しました。eラーニングシステムのプラットフォームの中でも、比較的安く手軽に導入できるのがASP型の最大のメリットです。メリットや注意点を把握し、自社の目的に合ったeラーニングシステムを導入してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

インターネット上で動画を視聴しながら学習するツールをeラーニングといい、近年さまざまな企業で用いられています。しかしeラーニングは主に自発的な学習となるため、導入しただけで運用方法を追求しな

続きを読む

リモートで仕事や学習をする機会が増えた現代では、eラーニングを導入する企業・学校が増えてきています。せっかく導入するのであれば、自社で作成したオリジナルの教材を導入したい企業や学校も多いので

続きを読む

コロナ禍でリモートワークやリモート学習が普及され、いつでも・どこでも受講可能なeラーニングの導入を考えている企業・学校も多いのではないでしょうか。教材の導入にかかる手間やコスト、機能設定の最

続きを読む

昨今のコロナウイルスの影響により、リモートワークやリモート授業などが全国的に普及しています。さらに、eラーニングを導入している企業や学校も増えつつあります。そこで、今回はインターネットがあれ

続きを読む

eラーニング教材はリモートワークやリモート授業などの普及により、近年注目を集めています。しかし、教材をプロの業者に依頼すると高額な費用がかかることも珍しくありません。そこで、今回は動画教材を

続きを読む

近年、リモートワークなどの普及にともない、eラーニングシステムが注目を集めています。高校や大学でもeラーニングシステムが活用されており、今後もますます需要が高くなることでしょう。そこで今回は

続きを読む

近年多くの企業で取り入れられている「eラーニングシステム」。新型コロナウイルスの影響で、さらにeラーニングシステムを使ったオンライン研修を行う企業が増えています。そんな中、これからeラーニン

続きを読む

eラーニングとは、パソコンやスマートフォンを使い、場所や時間を選ばずインターネット上で学ぶことのできるシステムのことです。こちらの記事では、eラーニングシステムの仕組み、メリットとデメリット

続きを読む

近年の急激なIT技術の発展にともない、eラーニングシステムを利用した研修スタイルが一般的になってきました。実際にeラーニングの研修と、対面による従来型の集合研修にはどのような違いがあるのでし

続きを読む

スマートフォンやタブレットなど身近なデバイスを使い、時間や場所を選ばず学ぶことができるeラーニングシステムには、さまざまな活用シーンがあります。ここでは意外と知られていないeラーニングの便利

続きを読む